話題 噂 人気 面白い話し

「飲食業界に転職する人は料理や接客以外にもチャンスあり!

「飲食業界に転職する人は料理や接客以外にもチャンスあり!」

 

飲食店で働いていると料理をするか、ホールで接客をするかといった二択を迫られているように感じますが、飲食業界にも様々な職種が存在します。

 

飲食店で働きたいけど料理も接客も苦手という方でも飲食業界に転職することが可能です。

 

 

飲食店が欲しい人材は料理人や接客のプロだけではない

 

飲食店というとどうしても料理人とホールの接客に目が行ってしまいますが、実はほかにもたくさんの仕事があります。

 

その中の一つとして商品開発という部門です。

もちろん料理を一切しないわけではありませんが、基本的な仕事は独創的なアイデアやこれから流行りそうな料理、海外ですでに流行っているものを取り入れて独自のメニューに落とし込むといったことが仕事となります。

 

味覚に自信があれば、商品開発部門で力を発揮することも可能となりますので、料理人と二人三脚でお店を盛り上げるといったことが出来ます。

 

飲食店が忘れがちな仕入れ部門

 

個人や中小企業の飲食店が忘れがちというか、力を入れていないのが仕入れ部門。料理長が知り合いの取引先だからといって仕入れているだけで本来の仕入れの役目を忘れた仕事を行いがちです。

 

食品卸の企業からすると料理人が変わると仕入れ先が変わると言われているように料理長が仕入れの権限をすべて握ってしまうと、いずれ問題が起こります。

 

業者と仲良くすることはいけない事ではないですし、それが無ければいい食材を仕入れることも出来ないのですが、料理もしながら食材の価格や品質のことまで考えていたら本来の仕事が何なのか分からなくなります。

 

そのような事にならないためにも仕入れ部門は重要なポストとなります。

仕入れ部門のポストは多数の仕入れ先とのコネクションや品質の見極め、まだ未開発の総菜の発掘などという、なかなか面白い仕事が出来ます。

 

ホールスタッフ指導員

こちらもあまり知られていない職業ですが、都内の有名レストランになると毎日開店前にホールスタッフにマナー講師をしながら実戦形式で指導しています。

 

ホールスタッフはお店の顔でもありますので、本来はバイトが簡単に出来るものではありません。例え居酒屋であってもホールの接客一つでお客様を逃すことは多々あります。

 

そのようなことが頻発すれば当然お店としては成り立たなくなりますので、ホールスタッフを指導するという事はとても重要な仕事の一つです。

 

このように飲食店には、必要なポストというのがあるという事を踏まえて転職活動をすると自分がやりたい仕事を手に入れることが可能となります。

 

 

「飲食業界に転職したいなら抑えるべきポイントは3つ」

「飲食業界に転職したいなら抑えるべきポイントは3つ」

 

飲食業界は世間の休日に反して仕事をしなくてはならないといった宿命があります。

その宿命を果たしてこそ売り上げが上がり、知名度がつきリピート顧客が増えていくという事になります。

 

ですが、飲食業界で働きたい人全員がその労働条件をクリアしないといけないかというと半分正解で半分間違いです。

 

その理由として上記のような労働条件をクリアしても「あなたの身につけたいスキル」が得られるわけではないからです。

 

飲食業界に転職したいなら「あなたの身につけたいスキル」を得られる環境に転職する必要があります。そのためのポイントをご紹介いたします。

 

飲食業界に転職するなら年収を気にしなさい

 

飲食業界というのは労働時間や労働環境に反して給料が安いと言われています。

サービス残業は当たり前で休憩時間は仕込みをしなくてはいけないというのは当たり前になります。

ですので、飲食業界だから給料が安くてもスキルが上がればいいなんてもったいない考え方は捨てて、労働に見合った給料を支払ってくれる飲食店に就職することが大事です。

飲食店も通常の企業も労働基準は同様だという事を忘れてはいけません。

 

飲食業界に転職するなら自分が求めるスキルをしっかりと知ること

 

飲食店に入ってすぐは雑用係しかやらせてもらえないことがほとんどです。毎日朝の仕込みから、先輩たちの賄まですべてやらされることもしばしば・・・

 

この作業が嫌で辞めていく人も少なくありませんが、料理を本気で覚えたいならこの仕事は最高の仕事となります。

 

お客ではない人たちに自分が作った料理を判定してもらえることもそうですが、何より料理は仕込みが一番重要な部分ですので、本来はシェフがやるべき仕事でもあります。

ですから、新人がこの仕事をやらせてもらえるという自体が本来は喜ばしい事なのです。

 

本気で料理を極めたいと思うのであれば、考え方を少し変えて自分に与えられた仕事がどのくらい重要なのかを考えることも必要です。

もしもその内容が本当の雑務であればはっきり言って適当にやっても問題ないでしょう。

そのような飲食店は味も雰囲気も決して良くはないはずなので、いずれ淘汰されるでしょう。

 

飲食業界に転職したいなら労働基準というものを知るべき

 

飲食店で働く人の多くが、労働基準を知らなかったという事をよく聞きます。

全く知識が無いわけではないようですが、飲食店は仕方がないという感覚からあまり興味が無いように感じます。

 

これを機に飲食店で働く際には労働基準にきちんと準じているかどうかを判断するために知識を付けることをおすすめいたします。

悪の華 漫画がおススメ

偶然携帯のおススメ漫画で出てきた「惡の華

普通の男の子が少し猟奇的な女の子と出会ってしまいどんどんダークな世界に

 

主人公の男の子はいたって普通の男子中学生が中学生らしい衝動からどんどん深みにはまっていく

男の子は好きな女の子のブルマを盗んでしまった事を弱みに1人の女の子からどんどん脅迫まがいの注文がエスカレートしていくが男の子もそのスリルが快感になっていく

口裂け女2 続き

母は死んで鈴木も死に

 

部屋の奥から真弓が貞子のように苦しそうに出てきたところから再開です。

 

真弓の姿を見て父のなんとも言えない表情がいろんなこと想像させてくれました。

 

真弓の顔は硫酸で焼けただれ病院でもこれ以上はあやかならないと言われ付き添いの幸子、父そして真弓は悲しい表情で実際に私も子供がいるのですがすこし泣きそうになりました。

 

真弓はしばらく学校を休んでいましたがマスクで顔を隠すようにして登校をはじめました。

 

学校では真弓の家族の悪い噂が広まっていて

父の嘘の悪口を言われた真弓は怒り喧嘩してしまう

迎えに来てくれた幸子に私の事は何を言われてもいいが父のことは言われたくないと一言。

 

それでも学校に行き続ける真弓だったが

とうとう親友だった2人にも無視をされ挙げ句の果てには悪く言われてしまう。

 

そんな時

その親友2人が誰かに殺されてしまう。

口裂け女2 映画を観始め

1を見たかったのだがなかなかユーチューブで見つけられなくて2を見始めてみました。

1978年に岐阜県で本当にあった連続殺人事件らしい。その事件後に流れた噂を元に口裂け女の誕生秘話を描いたノンフィクションホラー。岐阜県で養鶏場を営む沢田家の三姉妹。結婚を控える長女の幸子、自立して美容室で働く雪枝、陸上部に所属し活発に学生生活を送る三女・真弓はそれぞれに幸せな日々を過ごしていたが、雪枝の昔の恋人・鈴木が雪枝と間違え真弓に硫酸をかけたことから、沢田家の運命が狂っていく。

 

最初は高校生の真弓が先輩にお憧れているB級恋愛ストーリー的な感じです。

 

父の営む養鶏場に取引先の鈴木が来て長女の幸子に結婚祝いを渡すシーンで喜ぶはずの父が妙に意味深な表情で受け取っていたので何かなーなんて

 

結婚式の当日、幸子が家の外を見ると鈴木の姿が見えて驚く場面がありそこからまさかの展開に進んでいきました

 

幸子が結婚して家を出て行ったので幸子が使っていた部屋を真弓が使うことになり嬉しそうに幸子の部屋で寝ていた時、

 

何やら怪しい人影が、、、

 

この時は

 

あっ多分鈴木か!

 

なんて

 

鈴木は幸子と間違えて真弓の顔に硫酸をかえてしまうんです

 

恨みなのか

 

硫酸をかけられて悲鳴をあげる真弓の声に飛び起きた母が真弓の所へ向かうと

 

幸子ではないと気づいて部屋を出る鈴木と鉢合わせしてしまい幸子はどこだと言ってナイフで母を刺した

 

この時点では母はまだ生きていたんですが

後ろから猟銃で父が鈴木を撃つと同時に鈴木は母の口の中にナイフを突き立てちゃった

 

ってとこまで観ました。

 

続きをまた観よーと

 

1の前に見てしまってるけど2見たら1をみようと思います

ノンフィクションっのがすごいですね

飲食店開業に必要な資格

f:id:yasuyukihiguchi117:20190910043852j:image

飲食店開業に最低限必要な資格は「食品衛生責任者」と「防火管理者」です。よく誤解されていますが、調理師免許はなくても飲食店の開業は可能です。

また、飲食店開業に必要な手続きとしては、主なものに保健所や消防署への届け出があります。ほかにも業種によって必要な手続きが異なります。詳しくはこちらから!

https://yasuyukihiguchi117.wixsite.com/-site